西京焼き

西京焼きの王様、銀だらです

■17002 白粒味噌 500g 、■17733 粟国の塩 15g 、■酒 40g 、■みりん 25g ■砂糖 8g 銀だら 1kg

銀だらに粟国の塩をまぶし軽くすりこみます。1時間ほど置いた後、余分な塩と水分をキッチンペーパでふき取ります。良い塩を使うと、素材の甘みが引き立ちます。

酒、みりん、砂糖を煮切ります。強火にかけ沸騰させたところでライターで火をつけアルコール分を飛ばします。大きな炎がでますので周りに燃えるものを置かないように十分注意してください。炎が消えたら冷まします。

味噌にあわせ、よくかき回す。

ラップの上に、味噌、銀だら、味噌の順に重ね味噌で包み込むようにラップで巻きます。冷蔵庫に2~7日おく。本来はさらしを介して味噌をぬり外見を重視します。

両面を焼いて出来上がり。銀だらのほかにも白身の魚、豚肉、豆腐など同じ作り方でレパートリーが増えます。