商品フィルタ

24凝固剤類

2,640 

天草100% 特等角寒天 原料の乾燥原藻には塩分、貝殻、砂等が付着物があり製品にするには水に浸けて数回に分け不純物を除き洗浄後、戻した原藻を水を入れた専用容器の釜に入れ17~18時間煮続た液状を布で漉し凾に流し入れ自然温度で冷やし固める。

凾はモロブタと言い30㎝×84㎝深さ6㎝の標準規格の寸法でこの大きさのところてを20本当分に切り揃える。

1本が30㎝×5㎝ 1本500gの重量になる其の98%が水分を含み、凍結させ乾燥してできた寒天は7.5gほど。

+
ほしい物リストに追加

140 
粉末寒天=工業寒天一般ユーザー様向の粉寒天で裏側に扱い方表示[1.寒天の定義と2.種類] 1.冷水に対しては不溶で沸騰水では溶け1.5%溶液が透明である。32~39℃に至ると硬い弾力のゲルを形成し其の融点は85℃以上つまり寒天とは紅藻類の海藻から抽出し乾燥し得た物で湯に溶け温度が下がると全体が固り再度加熱すると溶ける。英語.独語は共にAgar.2.寒天は形状から角寒天.糸寒天.粉寒天.の3種類が在りそれぞれの特徴を持つ其の特徴を考慮し使用する。
+
ほしい物リストに追加

5,050 

粉末寒天=工業寒天は乾燥した原藻の天草、オスギノリ、オゴノリ等、国産輸入品混成を化学的技術処理で品質を一定化し配合して17~18時間煮続けた液状態を容器に注ぎ冷やし固めてから脱水、その後専用機で乾燥させて製分機で粉末にし利用目的に応じてアレー状、粉末、固形錠剤の3種類にしている。機械設備によって季節に関係なく1年を通じて生産されており天然寒天の約3倍量至、ゼラチンの7~8倍あり保水性、粘り感触から和菓子、ジャム、みつ豆、佃煮の色出しに向く。

+
ほしい物リストに追加

1,155 

天草100%で煮た液「角寒天同様に」長方形の[出口に細かい格子付けた筒]に入れ突き出した[ところてん状態の物を]外気温−5℃以上の所で簀の子を敷き凍結すると水分は寒天質と分離する。一度分離した寒天質は85℃以上でないと水に溶けない性質があり日中気温が上がると水分だけが溶け流れたり蒸発する。つまり夜間凍結し日中溶す是を繰り返しながら次第に乾燥させ初めての凍結から12~16日間の日数を要する。ゼリー強度は、寒天9gに水600gを加え直火で加熱溶解後4×3×30㎝に流し込み15時間後にゼリー強度試験機で1㎝四方が20秒耐える重量を比較すると、粉寒天は450~600、角寒天は150~200、糸寒天は300~550です。寒天利用実際には表面の耐圧重量だけでなく捻り、引張、粘り等で評価します。

+
ほしい物リストに追加

1,050 
あんずの種を粉末に加工し、砂糖、ブドウ糖、コンスターチ、全粉乳などを添加したもの。
+
ほしい物リストに追加

770 
蒟蒻粉 石灰セットで1箱で6~7枚蒟蒻が作れます。水加減で堅め、柔らかめで、好みの硬さになります。堅めの刺身蒟蒻。青のり、胡麻を加え手作り蒟蒻が手軽にできます。
+
ほしい物リストに追加

1,760 
5リットル分の杏仁豆腐を手軽に作れます ①5リットルの熱湯[85℃以上]を器に用意します。②「杏仁豆腐の素」を1袋入れ、かき回してよく溶かします。③容器に流し、冷やし固めます。
+
ほしい物リストに追加

5,555 

天草100%で煮た液「角寒天同様に」長方形の[出口に細かい格子付けた筒]に入れ突き出した[ところてん状態の物を]外気温−5℃以上の所で簀の子を敷き凍結すると水分は寒天質と分離する。一度分離した寒天質は85℃以上でないと水に溶けない性質があり日中気温が上がると水分だけが溶け流れたり蒸発する。つまり夜間凍結し日中溶す是を繰り返しながら次第に乾燥させ初めての凍結から12~16日間の日数を要する。ゼリー強度は、寒天9gに水600gを加え直火で加熱溶解後4×3×30㎝に流し込み15時間後にゼリー強度試験機で1㎝四方が20秒耐える重量を比較すると、粉寒天は450~600、角寒天は150~200、糸寒天は300~550です。寒天利用実際には表面の耐圧重量だけでなく捻り、引張、粘り等で評価します。

+
ほしい物リストに追加

1,155 

天草 おごのり すぎのり カラギナン等科学的に配合しある程度の耐熱に備えた糸寒天です。製造方法は原料を除きほぼ糸寒天と同じですが糸寒天に比べやや細くヘルシーなサラダ、酢の物、スープ等の料理に使う目的の商品です。

+
ほしい物リストに追加

1,490 

豚の皮、腱、牛骨等の結合組織主成分であるコラーゲンを加熱して素材に含まれる不純物を全て除去し熱処理されたゼラチンを含む溶液を注出し漉過後に酸或はアルカリでPH調整を行ない濃縮殺菌及び冷却、更に乾燥と精製を重ねて製品化される蛋白質の一種。純度の高いものは無味無臭、無脂肪です。ゼラチンのコロイド水溶液は熱する事によりゾル化して溶け冷やす事によりゲルとなって固形化する。水分との混合割合により固形化する際の硬さを調節できる。食品の他写真感光膜、薬品カプセル、細菌培地、不純な物は膠[にかわ]とし利用する。

+
ほしい物リストに追加

1,760 
ゼラチンの素となるコラーゲンは体を形成する蛋白質の一種。ゼラチンは無脂肪でヘルシーな動物蛋白質食品でしかも体の持続性に必要なアミノ酸を含み消化吸収も良く乳児んらお年寄りまで召し上がれます。一般的にはアスピック等のゼリー、マシュマロ、グミ、等菓子に主に使われるが、他にも焼肉の付けタレやヨーグルト、クリームチーズ、ハムやソーセージ等のゲル化剤、増粘剤、安定剤として広く利用されている。ゼラチンは板状、粉状のも物があり利用目的に応じ使い分ける。
+
ほしい物リストに追加

390 
使用目的に応じた利用方法を裏側に表示されています ※コーヒーゼリーの調理例=サイホン、インスタント、好みでコーヒーを入る。ゼラチンを熱い湯[80℃]で溶かす[水分に対し3%]。この際ゼラチンが塊になる場合は水に溶易くする為、細かくして或は粉状の物で溶かしておきコヒーが沸騰しない程度に[沸騰させると弾力を弱める]冷して戻して置いたゼラチンを入れかき混ぜ余熱で溶かし冷蔵庫で1~2時間程で冷却する。好みに応じシロップ、クリーム、ホイップを添える。
+
ほしい物リストに追加